こんにちは、梅ですm(__)m

ますは。。。

 

ご入学、ご進学、誠におめでとうございます(*´ω`*)

 

一路順風な年度となりますようお祈りするとともに、全力でサポートしてまいりますm(__)m

 

さて、今月一日に発表になりました新元号「令和」

万葉集の「梅花の歌三十二首」から引用したとのこと。

「時、初春の令月にして、氣淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す」

これですね☆

苗字が「梅」なだけ、なぜか特別な縁を感じます(∩´∀`)∩

大伴旅人(おおとものたびと)が序文を詠んだ方ですね。

子の大伴家持の方の歌のほうが見たことがあったので初耳でした。

 

そんな大伴旅人ですが、所縁の地でいうと大宰府(福岡県)ですかね。

梅花の宴のジオラマ展示もあるようです。

 

あとは平城京(奈良県)ですか。

中3生は修学旅行で奈良にいかれるとは思うのですが、、、平城京いったとは聞いたことはないですね(笑

是非、世界遺産である古都奈良の文化財をご覧になってくださいm(__)m

※奈良県の観光大使でも、出身地でも、何でもありません・・・

 

あとは、9日に発表のあった新紙幣。

人選(というのでしょうか)には、ちょっとびっくりはしています。

「渋いなー」と思ったわけで、ふさわしくないとかではないです(笑

 

彼らのすごさはまた別の機会に・・・

本日はこの辺で・・・