こんにちは、梅ですm(__)m

暑い・・・

本日(22日)は13:49に28.2℃、6月下旬並みとか。

本当に春を感じる期間が短いなと思ってしまいます。

朝晩の冷え込みが春を感じさせるのでしょうか。。。

暑いと感じることがすこぶる不快である私にとって嫌な季節がやってまいります…

 

さて、表題ですが。。。突然ですが、、、

趣味はありますか??

と聞かれたら応えられるものございますか?

私は、、、映画鑑賞でしょうか。

もっとも、映画監督や制作会社に詳しいわけでもないですが、、、

昨年だと映画は1年で30本でした。

少ない・・・?かもしれません。。。が、あんまり時間が合わなくて、、、

という言い訳が(;^ω^)

 

趣味を英語にしてみると

  • hobby:ある一定の知識を要する趣味
  • pastime:娯楽としての趣味
  • interest:興味を持って行う趣味

だそうで、日本人に一番近い感覚はinterestなのではないかと思います。

総務省 統計局統計調査部国勢統計課労働力人口統計室 HPより

上のように、いろんなデータなんかもあったりして。

 

まぁ、でも、趣味ってお金がかかるなーと思ってしまいます。

無趣味はさみしい気もしますから、広く浅く多趣味、、、なんて声もききます。

私が、友人・知人、生徒なんかにも申しているのですが、

趣味を仕事にするのは、相当の覚悟が必要

と考えています。

 

たとえば、、、

本を読むことが趣味のA君。

趣味の読書を仕事にしようとしました。

仕事となれば、エンドユーザー(顧客)が求めていることに対応しなくてはいけません。

読みたくもないジャンルの本を読まなくてはいけないことも・・・

 

のように「こんなことやりたくないのに」をやらなくてはいけなくなるかもしれない覚悟。

これは絶対です。

絶対に覚悟は必要になります。

そりゃそうですよね。

労働の対価として、報酬としていただくものが発生するはずですから。

 

あっ、だから、ボランティアで行う分には良いかもしれません。

ただ、定義上はボランティアは仕事ではないと考えているので別枠ですが。

 

それに引き換え「すきなこと」は仕事にするべきだと思います。

むしろ、すきなことではないならば仕事にするべきではないと思います。

 

私でいうと授業することは好き嫌いで考えたことはありません。

生徒とのコミュニケーション、保護者さまとのコミュニケーションも好き嫌いで考えません。

私がこの業界ですきなのは、

需要と供給バランスが明確で、行動の結果が明確であるところです

なんの職業でも言えるのかもしれません。

それでも私が見てきた様々な職業の中で、一番見えやすいと感じています。

 

その場、その場でできることを100%行うこと。

お子さまだけでなく、保護者さまの人生すら変えてしまうことのある業界であるからこそ、

常に意識を高め、100%の行動をしていかなくてはいけない…そう考えています。

 

これが教えることが趣味であったり、いろんな人と話すことが趣味であったならボランティア団体を作っているでしょう。

濵辺校長にも守銭奴などと揶揄されますが、、、

もっと梅充世という人間をブランディングして価値創造していきたいと思います。

 

「すきなこと」と「趣味」。

似ていながらも、真逆の性質をもっていると考えています。

好きなとこを仕事にできるような人財、就いた仕事が好きになれる人財へと成長してもらいたいと思います。

 

長くなりましたが、、、塾長でしたm(__)m