こんにちは。

希望進路別見解というタイトルで職業別で変わってくるところの所感や見解を書いていこうと思います。

どんな進路で、今後、どんな勉強や資格が必要になるのか。

過去、現在から未来へとどう変わっていくのか等々…

ご参考になれば幸いです。

※長文になると思いますので、ご高覧いただける際はお気を付けください

 

さて、①つ目として教育・教員です。

初等教員、中等教員、高等教員にしぼって書いていきます。

平均給与:500~600万円/年 (30代の平均・地区や地域のラスパイレス指数による)

資格取得:初等・中等→短大・大学・大学院で教職課程を履修

     高等教員 →大学・大学院で教職課程を履修

     それぞれ教員免許を取得したうえで、教員採用試験をPassする

試験倍率:教育新聞社HPより (『群馬県』昨年5.4→今年4.9)

 

ラスパイレス指数なんて聞きなれないかと思いますが、簡単に書くと

【国家公務員の給与平均を100としたときの指数】

であり、群馬県はだいたい90%代で100は超えません。

が、悪いわけではなく、極々平均値といったところです。

 

倍率については、最近は年々減少の一途です。

理由としては経産省の定義でいう中企業の就活売り手市場で受験者数が減少しているから…ですかね。

あっ、売り手売り手なんてマスメディアで取り上げられていますが、実情見ると…

東証一部上場企業を含む大手は変わっていないどころか若干、減っている気がします。

まっ、もちろん業界、業種にもよりますが。

群馬県は

4月26日【《県内企業採用アンケート(中)》9割近くが「人手不足」 深刻度は業種で差】 上毛新聞HPより

だそうで。

安定志向、地元志向が高まる中、県外大学で学んだ方が、そのまま県外就職をしたり、首都圏への就職流出も多いそうです。

そんな中、4.9倍の教員採用試験倍率ですが、全国と比べても平均よりやや高め。

下がってこの数値は脅威的かもしれません。

 

教育学部、教職への道は群馬県内のいろんな大学が行っていますが、2020年から群馬大学教育学部は変わります。

共同教育学部の設置(宇都宮大学教育学部と)

f:id:samidaretaro:20190122201525p:plain

群馬大学HPより抜粋

 

各国公立大学が生徒数確保のために共同運営を考えているようです。

教育学部だと金沢、富山、福井大学が18年春に先に発表していたように記憶してます。

北海道では小樽商科大、帯広畜産大、北見工業大が国立→1法人化に向けて動いていたりします。

今後もますます増えていくんでしょうね。。。

私大の共同運営、共同学部なんか面白いと思いますけどね。

たとえば地方私大と早慶上東、GMARCH、日東駒専とのコラボとか大学の魅力につながると思います。

 

一言で教員免許といっても認められる免許範囲に差があります。

そこまで考えて教員へと夢を膨らませられるといいと思います。

また、教育学部でなくても教職免許は取得できます。

もちろん在学中に資格取得となるので、負担にはなります。

しかし、社会にでて後輩ができたり、上司になったりと人を指導する場面で必要になるときもあります。

教職課程を履修することは資格や、就職云々ではなく、お勧めです。

 

大学入試でいうと、ますますネイティブな発音で英語を話す能力が必要になることは言うまででもありません。

2020年入学、つまり今年度受験生から入試で英語教科のCEFR加点が多くの大学で取り入れられます。

理系職、文系職関係なく英語が必要とされる傾向は続いてまいります。

また、教育現場ではプログラミング教育、ゆとり教育で廃止された”道徳”の教科化がなされました。

ICT教育、AIの活用もますます激化しそうです。

学んできたこと以上のことが必要になることは必至。

短大・大学に入学する以上の努力と勉強が必要になることを覚悟してその道に進みましょう。

 

また、教育学部にいながら教員をあきらめた、別の就職先希望ができた場合は、

圧倒的に不利になることを覚悟しなければなりません。

よく学習塾業界に流れてくる方をお見受けしますが、、、

七五三以上の離職率となることも覚悟しなくてはなりません。

学習塾業界はますます少子化が影響し、正規雇用の求人数、店舗数は確実に減っていくでしょう。

それを加味しても余程の覚悟がないと教育学部には・・・と考えます。

ただし、高等教育系は話が別です。

国公私立の就職はもちろん、学習塾業界でもニーズは高いです。

学歴含む、自身のスキルが高ければ高いほど好待遇となるでしょう。

 

学歴”撤廃を謳う”社会に逆行して学歴”上位”社会であることは間違いありません。

ぜひ、教育業界を目指すのであればなるべく高い学歴とコミュニケーション能力含む自身のスキルアップに努めてください。

 

 

☆内容募集☆

追記してほしい内容、取り上げてほしい職業等あればLINE、メールで連絡ください。

HPのトップからLINE QRコードが見れます。

その他、書いてほしい記事等も、あれば連絡くださいませm(__)m