こんにちは。

希望進路別見解No.②ということで、

職業別で変わってくるところの所感や見解を書いていこうと思います。

どんな進路で、今後、どんな勉強や資格が必要になるのか。

過去、現在から未来へとどう変わっていくのか等々…

ご参考になれば幸いです。

※長文になると思いますので、ご高覧いただける際はお気を付けください

 

前回、教員について書いたので、続けて公務員でも国家公務員について。

国家公務員ってどんなイメージを持たれますか?

そもそも公務員っていうくくりで、国家公務員と地方公務員を混同して考えたり。。。

かくいう私も大学在学中は混同してました(汗

【官僚みたいな事務はいいけど、公務員はいやだなー】

なんて恥ずかしながら考えたりしたことも…

官僚も公務員だって話ですよ。。。と自分にツッコミ。。。

 

さて。そんな国家公務員ですが、地方公務員(教員、警察・消防…etc)と職務として違う点があります。

どんな仕事があるかですが…

まず大きく分けて2種類です。

一般職と特別職。

省庁で働く一般の行政官や、外交官、税務職員などは一般職、

大臣や副大臣、大公使、裁判官、国会職員などは特別職

なんだか一般のもつ言葉の意味をしっかりと理解しないと、なにが特別でなにが一般なんだか…

 

国家公務員になるための必要学歴や年収は・・・

【最終学歴】高卒~大学院卒

【平均給与】600~700万円

【試験倍率】人事院 国家公務員試験NAVI HP

       →初任給や、受験資格等もこちらから

 

サラリーマン平均より少し高いくらいではありますが、国家公務員のすごいところは退職金。

2,000万円をこえます。

こうなると一般企業では、、、といった感じですね(;^ω^)

 

就職出来たら安泰・・・ってそんな企業体、このご時世全くといってないのですが・・・

国家公務員は基本的に2年で転属といわれています。

本当のところどうなんですかね・・・?

知人(既卒生徒)は2年できれいに転属しているみたいですが、、、

あっ、ちなみに、その方は本省(東京)勤務で出先(47都道府県)勤務ではないので、東京にずっといるようです。

地方転勤&転属とかどうなんですかね。。。

もともと地元でない私からすると、大学等で見知らぬ土地に住んだ経験さえあればなんでもない気が…

逆に高卒等で地元→初任も地元だったのに急に転勤とかだと厳しいかもしれませんね。

とくに過疎地域という風に言われるようなところだと、、、

そこを考えると、コミュニケーション能力、自炊能力、人望が厚い等は兼ね備えたほうがよさそうですね^^

んー。これもどの仕事にも言えるのですが。

 

そもそも倍率10倍OVERの狭き門を突破できたのであれば、能力的には疑問を持たなくてもいいのかもしれません。

勉強も大変だと(過去問をみても)おもいますし、仕事についてからも勉強することが多いでしょう。

でも、国家公務員の職に就けるだけの基礎学習能力があればその点は苦にしないのではないでしょうか。

是非、国の社会福祉、舵取りをおこなう重責を、奉仕の精神で行動できる方に担ってもらいたいと思います。

そんな生徒をこれからも輩出していければなんたる幸いか。

精進します(。-`ω-)

 

☆内容募集☆

追記してほしい内容、取り上げてほしい職業等あればLINE、メールで連絡ください。

HPのトップからLINE QRコードが見れます。

その他、書いてほしい記事等も、あれば連絡くださいませm(__)m